前へ
次へ

途上国が学ぶべき日本の国民皆保険制度

日本は戦後、途上国の経済発展と平和に寄与してきた実績があります。
特に、先進国として世界的にその地位を確立した後には、平和の推進とともに経済援助を積極的に行い、特に東南アジアの平和と発展に貢献してきたと言えるのではないでしょうか。
日本は東南アジアの途上国に対して、様々な経済援助と支援を行ってきましたが、中でももっと制度の構築の支援を行うべきであるのが国民皆保険制度です。
戦後、日本の安定と発展に大きく貢献した制度であり、国民も安心して医療を利用することができています。
途上国では医療に悪世することさえできない貧困層が多くいると言われています。
そこで、日本の優れた制度である国民皆保険制度を導入することで、国の安定的な発展と国民の安全を確保することができるのではないでしょうか。
実際、数年前に民主化がなされたミャンマーでは、日本の国民皆保険制度を導入する動きが見られており、上手く行けば実現する見通しです。

Page Top