前へ
次へ

最近の医療機関の傾向はどんな感じなのか

昔は子どもが医療機関を受診すると、押さえつけるということが多かったです。
歯科や耳鼻咽喉科など子どもにとって恐怖心を抱きやすい医療機関では暴れてしまうということもあります。
専用のネットを使って固定をするという医療機関もありましたが、最近ではあまりにも強く押さえつけるということはなくなってきているようです。
押さえつけて治療を受けるということになると、恐怖心しか抱かなくなってしまいます。
ですから出来るだけ押さえつけずに治療を行うことができるような工夫をしているクリニックも増加をしています。
歯科医院の場合には子どもの頃の怖かった体験が大人になっても消えることがなく、その結果歯科恐怖症になってしまうという人もいます。
定期的に通って健康を維持するためには、恐怖心を抱かないようにケアをすることも大切です。
安心をして治療を受けるためには子どもの親の協力も欠かすことができませんし、とても大切なことになってきます。

Page Top