前へ
次へ

医療ケアが必要となる子どもを持っている場合

医療の進歩によって、少し前までは亡くなることが多かった疾患も命が助かるようになってきました。
しかし健康な子どもになるというわけではありません。
医療ケアを受けなければいけないという状況に陥ることも多いです。
ずっと入院をしていて病院に任せっきりになってしまう、という家庭もあるでしょう。
しかし中には自宅で介護をしながら暮らすという子どももいます。
その場合には自宅である程度の医療ケアを行わなければいけません。
定期的に吸引を行ったり、栄養の注入を行う必要もあります。
ですからその技術を身につけなければいけません。
医療従事者ではないと抵抗も感じるでしょう。
しかしやらなければ命にかかわってしまう、という場合もあります。
在宅でケアをしたいということであれば、しっかり技術を身に着けて安心をして介護ができる状態にしなければいけません。
今は訪問介護を受けることもできるようになっているので、サポート体制は昔と比べると整ってきています。

Page Top